仕事依頼が

お店で Tシャツに絵を描いていると

ベリーショートの髪の女の人が立っていました

ちょっと見

男の子にも見えました(ごめんなさい)

すっきり顔のきれいな方です

『おじさんの店の記念に何かあげたいんだけど

エプロンに絵をかいてもらえますか?』

お話をしているうちに

この方の 頑張りに心打たれました

お母様を亡くし

今度はお父様の病気を支えておられます

仕事を辞めて

明るく前向きに・・・・

恋愛してる暇もありませんでしたって

言ってのけるこの子が愛しくなりました 

看病する., 共に病と向き合う

人が考えてるより はるかに大変なことだ

私の父は ある日 銀行の前で倒れていた

かけつけたときは 転送のためタンカーに寝かされていた

意識もなく耳から鼻から血が流れていた

いや ふき取った残りがそのままについていた

ヘリで運ばれ集中治療室へ

「覚悟はして下さい」

なんと 冷たい言葉だったろう

死なせないと覚悟を決めた

集中治療室に通い

父の好きな歌を歌い続けた

「四季の歌」

前の父の姿ではないが生還!!!!

それからしばらく 闘い続けてくれたのだ

今はもういないが・・・

報道写真家だった父の後を継いで

娘が そちらの道に進んでいる

海に潜るのが好きだというこの子は

体格もよく

すがすがしさを感じる

頑張ってほしい

頑張る人に頑張ってはいうべきではないと

人は言うけど

応援の言葉として受け取ってほしい

かける言葉が見つからないから・・・

このエプロンに

お店のロゴとイラストを自由に書いてください

4枚お願いしますと

頑張ります💛

あの子にいいこといっぱいありますように

           ti amo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*